アフリカの民族紛争を生んだ罪つくりな国境とは?

アフリカには、1つの国で、いくつもの言葉が話されていることがある。そのため、サッカーなどの代表チームでも、同じ国民でありながら、選手同士で言葉が通じないことがあるという。これは、一国にいくつもの民族が共存するため。そうなった理由は、アフリカの国境に直線が多いこととも関係している。

アフリカの大地は、19世紀から20世紀にかけて、ヨーロッパの国々によって分割された。フランス、イギリス、ベルギー、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガルなどが植民地支配に乗り出し、アフリカを勝手に分割したのだ。その境界線を決めるとき、一部については、古くからの王国や民族の勢力範囲が考慮された。そのケースでは、河川や山脈などが国境となっている。ところが、そうした線引きが面倒な部分は、列強が地図上に勝手に定規で線を引くことで妥協した。

そのために、直線的な国境が多くなったのである。とくに、サハラ砂漠やカラハリ砂漠周辺は、ろくに調査もされないまま、勝手に分割されたので、一直線の国境線となっている。むろん、列強の国々は、国境線を決めるとき、そこに住んでいる民族のことなどまるで無視した。その結果、同じ民族が2つの国に分かれたり、異民族なのに同じ国にまとめられたところが少なくないのである。現在まで続くアフリカでの民族紛争は、その多くがこの国境線の決め方が根本的な原因となっている。

アメリカの州境は、なぜあんなにまっすぐ?

マラソンの高橋尚子選手は、ふだんアメリカのコロラド州ホールダーでトレーニングをしている。ロッキー山脈のふもとで、海抜約2,000メートル。アップダウンの激しい高地を走ることで、心肺機能を高めているわけだ。そのコロラド州付近のアメリカ地図を見ていると、アメリカの中部、西部では、州の境界線が一直線になっていることに気づく。

日本人の感覚でいうと、ロッキー山脈や河川などを州境にすればよさそうなものだが、まるで定規で線を引いたように州が区切られているのだ。その理由は、西部開拓時代の土地政策にあるという。独立間もない頃のアメリカは、イギリスとの戦争に多額の戦費を費やし、大きな負債を抱えていた。その借金返済の手段として、当時の連邦政府が注目したのが、西部の広大な土地だった。

政府は、1785年、公有地法令を定めて、まず西部のすべての土地を6マイル(約10キロ)四方に区切った。さらに、それを1マイル四方の36区画に分割。そのうち5区画を公立学校や連邦政府用地として除き、残りの31区画を640ドルで売却したのである。2年後の1787年には、北西部令を制定して、連邦政府から知事らを派遣。住民の成人男子が5,000人になれば、準州として自治を認め、6万人になれば州に昇格できることにした。この2つの法律に基づいて土地を扱い、つぎつぎと州に昇格させたので、州境は一直線になったというわけである。

— posted by 斗間下 at 01:23 am  

 

トルコはアジア?それともヨーロッパ?

サッカーW杯の「アジア予選」には、イラン、イラクはもちろん、カザフスタンやウズベキスタンも参加する。だが、イラン、イラクと国境を接するトルコは、「ヨーロッパ予選」に参加。2002年韓国・日本大会では、みごとに強豪ぞろいのヨーロッパ予選を突破して、本大会に進出した。では、トルコはヨーロッパの国なのかというと、地理的には、その国土の97パーセントはアジア側とされ、ヨーロッパ側は3パーセントしかない。

だが、トルコ最大の都市イスタンブールは、かつては東ローマ帝国の首都であり、今でもアジア諸国より、ヨーロッパとの結びつきが強い。まさに、トルコは、アジアのような、ヨーロッパのような、じつにあいまいな国なのである。人種的にみても、東西文化の接点に位置するトルコでは、長い歴史の中で混血を繰り返してきた。そのため、ヨーロッパ人に近い人もいれば、アジア系のトルコ人もたくさんいる。

また、母国語であるトルコ語や、国民のほとんどが信者というイスラム教をみると、今では西アジアとの結びつきの方が強いという見方もできる。しかし、その一方で、政治的にはイスラム諸国機構に属しながら、第二次世界大戦後にはNATOに加盟していた。したがって、トルコの政治的なスタンスとしては、西アジアのイスラム諸国とも、ヨーロッパとも、仲良くしていきたいということのようだ。ちなみに、トルコのサッカーが強くなったのは、ドイツに移民したトルコ人の子が、ドイツでサッカーをしながら成長。トルコ代表として戦うようになったからである。

北米・南米は大国なのに、なぜ中米は小さな国に分かれている?

アメリカ大陸の北と南は、つながっているか?海を隔てて分かれているか?と問えば、メキシコから南米大陸につづく地形を思い浮かべながら、「どうだっただろう?」と首をひねる人もいるだろう。事実は、ごく細くなりながらも、かろうじて陸地でつながっている。その狭い陸地を掘り抜いたパナマ運河で、太平洋と大西洋がつながっているのだ。メキシコの南のくびれたその狭い地形には、7つもの国が存在する。面積は、日本の約1.4倍しかないところに、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマという7ヵ国が分立しているのだ。そうなったのは、支配者階級が各々の利益を優先した歴史があるためである。

もともと、中米の各国は、スペインの植民地だったが、メキシコの独立に刺激されて、ベリーズとパナマを除く5州が、1823年、「中米諸州連合」として独立。その後、分裂や統合を繰り返しながら、1838年に5つの共和国となった。しかし、その支配者階級は、植民地時代に富を蓄えた大土地所有者や大商人、軍人指導者たち。独立してからも、支配者階級の利益を守ることが優先され、お互いの利害が対立。結局、5つの共和国に分かれてしまったのである。

また、人種的にも、グアテマラにはインディオと呼ばれる先住民が多く、エルサルバドルやホンジュラスでは、スペイン系白人と先住民の混血が多い。さらに、コスタリカにはスペイン系の白人が圧倒的に多いなど、国によって人種が微妙にちがうことも、分立する一因となった。ちなみに、パナマは、1903年にコロンビアから独立。また、イギリス領ホンジュラスと呼ばれたベリーズは1981年に独立した。

— posted by 斗間下 at 01:11 am  

 

どこまでもあいまいな「アラブ諸国」の謎とは?

イランとイラクは、隣り合った国である。国名もよく似ている。ところが、イランはペルシア人の国だが、イラクはアラブ人の国。民族的には、まったくちがう。日本人のイメージでは、イランもイラクも「アラブ諸国」に含まれそうだが、じっさいには、イラクは含まれても、イランは含まれない。

では、その「アラブ諸国」は、どこからどこまでの国を指すかといえば、じつはその定義ははっきりしないのだ。たとえば、シリアのアラブ人は、肌の色が白いのに、エジプト南部やスーダンなどのアラブ人は肌が黒い。外見で、アラブ人を区別することはできない。また、1945年には、「アラブ連盟」という組織が創設された。アラブ国家の相互協力を目的としており、現在、サウジアラビア、クェート、カタール、アラブ首長国連邦、イラク、ヨルダン、エジプト、スーダンなどに、パレスチナ解放機構(PLO)も参加している。

その加盟国の人々を「アラブ人」と呼ぶこともできるが、ここでもあいまいさが残る。というのも、本来、アラビア語はコーランの言葉であり、イスラム教と切り離せない。つまり、アラビア人は、アラビア語を母国語にして、イスラム教徒である人々のことをいう。しかし、時代の変化とともに、アラビア語とイスラム教が切り離されて、アラビア語は話すがイスラム教徒ではなかったり、イスラム教徒だがアラビア語を生活語として使わない人たちもあらわれている。結局「アラブ」とは、民族的な概念ではなく、歴史や地理、政治、文化などの条件を考え合わせて、総合的に決められる概念といえそうだ。

「中東」って、どこからどこまでのこと?

国際ニュースでは、「中東和平交渉」や「中東戦争」という言葉がよく登場する。そのため、「中東」と聞くと、イスラエルやヨルダンといった国を思い浮かべる人は多いだろう。そこで、その二ヵ国以外で、中東に含まれる国は?と聞かれて、明確に答えられるだろうか。じつは、国際社会でも、どこからどこまでが中東なのか、はっきりしていないのが実情だ。

そもそも、「中東(ミドル・イースト)」という言葉が初めて使われたのは、1902年、アメリカの海事戦略家アルフレッドーマハンが、ロンドン発行の雑誌「ナショナル・レピュー」に掲載した論文だったといわれている。この論文の中で、マハンは、ロシアとイギリスの戦略的覇権を検証し、両国間の争いの舞台となったスエズからインドまでの広大な一帯を「中東」と呼んだ。その理由については、それまでヨーロッパ人が呼んできたアジア東部の「極東(ファー・イースト)」と「近東(ニア・アジア)」の中間に位置するため、「中東(ミドルイースト)」としたとされている。

しかし、マハンが、明確な線引きをしなかったため、その後、「中東」という言葉は、あいまいなまま使われることとなってしまった。日本の外務省では、中東と近東を合わせて「中近東」と呼んでいる。そのエリアは、東はアフガニスタンから西はモロッコ、北はトルコから南はスーダンまでの22ヵ国である。しかし、これも、ヨーロッパでいわれる「近東」「中東」の範囲が明確でないとして、戦後、日本が独自に作った地理的な概念。この中近東という言葉は、日本だけでしか使われていない。

— posted by 斗間下 at 01:04 am  

 

太平洋、大西洋、インド洋などに境界はあるのか?

「日本海」は、英語で「Japan Sea」と呼ばれ、欧米で作られる地図にもその名で載っている。これに対して、異議をとなえているのが韓国である。韓国では、その海を「東海」と呼んでおり、なぜ国際的に「日本海」と呼ばれるのかと抗議している。しかし、もっと大きな海洋の区切りでは、「日本海」も、「東海」も出番はなし。太平洋の一部ということになる。国と国の間に国境があるように、海と海の間にも境界線がある。その境界線を決めた「国際水路機関」の基準によると、太平洋とインド洋の境界は、以下の通りといっても、これを地名でたどるのは、よほどの地図マニアでなければ難しい。興味のある人は、地図を見ながら確認してほしい。

では、改めて、太平洋とインド洋の境界をたどると、まずミャンマー、タイ、マレーシアの西岸沿いに南下して、シンガポール南端まで。それから、マラッカ海峡を含み、スマトラ島西岸からジャワ島、スンパ島を通る。ロティ島からオーストラリア北西部のダーウィン近くにあるロンドンデリー岬に至り、オーストラリア西岸を南下。さらに、オーストラリアの南岸に回ってアデレードを通り、オトウェー岬からタスマニア島グリム岬へ。タスマニア島西岸を通り、最南端のサウス・イースト岬から南極に至る東経146度49分25秒の経度線となっている。

また、太平洋と大西洋の境界は、北アメリカ大陸から南アメリカ大陸の西岸を南下。最南端のホーン岬から南極大陸に至る西経67度16分の経度線である。したがって、国際基準では、日本海もオホーツク海も東シナ海なども、日本周辺の海はすべて、太平洋に含まれることになる。ちなみに、大西洋とインド洋の境界は、ノルウェーからフランス、スペイン、アフリカ大陸の西岸を南下。さらに、最南端のアガラス岬から南極大陸に至る東経20度の経度線となっている。

白夜の見れる南極圏と北極圏はどこから?

かつてヒットした「知床旅情」という歌がある。この中に「白夜は明ける」というフレーズがあり、かつて物議をかもしたことがあった。「白夜の季節はいつ?」「白夜は本当にあるの?」という問い合わせが、知床の関係機関に殺到したのである。白夜といえば、一日中太陽が沈まなかったり、夜の10~11時頃まで外が明るいという現象だが、もちろん北海道でそんな現象は起きない。結局「知床の白夜」騒動は、歌の中の自由な表現ということで収まったが、そもそも白夜が見られるのは、北海道よりもはるかに緯度の高い北極や南極に近い地域である。

その中でも、太陽が一日中沈まない地域が、それぞれ北極圏、南極圏と呼ばれている。緯度でいえば、66.5度より高緯度の地域である。緯度が高くなるほど、季節によって太陽の出ている時間が変わり、緯度が高くなるほど、その傾向は大きくなる。そして、一日中太陽が出ているような状態が、白夜である。66.5度より高緯度の地点では、太陽の沈まない日と、太陽の昇らない日ができるのだ。白夜というと、体験したことのない日本人には、「一晩中、外が明るければ眠れないのではないか?」と疑問に思う人もいるが、厚手のカーテンを閉めれば、室内は真っ暗になるので、その心配はない。

— posted by 斗間下 at 12:57 am  

 

隣り合った国なのに、国境線のないところとは?

日本の国内地図にない記号とは、何だろうか?答えは、国境線である。海に囲まれた日本には、国境線がない。ところが、陸続きで隣り合った国なのに国境線のないところがある。どんなところかわかるだろうか。それは、アフリカ南部のザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビアの四ヵ国が接する地点である。この四ヵ国は、お互いに国境線ではなく「点」で接しているのだ。

また、同じように東南アジアの「ゴールデントライアングル」にも、国境線のないところがある。ここは、かつてアヘンの栽培、密造で知られたところだが、タイ、ラオス、ミャンマーの三ヵ国が、やはり「国境点」で接している。ただしゴールデントライアングルの場合、川が国境となっているので、その「国境点」は国境となる川の中央部分となる。ちなみに、世界で国境線がもっとも長いのは、アメリカとカナダの間で、6,400キロもある。反対に、もっとも短いのは、ローマにあるバチカン市国とイタリアの間の4キロとなっている。

河が国境になるとき、どっちの岸が国境線になる?

世界には、河が国境となっているところは少なくない。そんな河で泳いでいると、「向こう岸には、絶対近づくな」と注意されることがある。そこで「どうして?」と聞き返すのは、国境線を持たない日本人ぐらいのものだろう。ためしに聞いてみれば、「国境警備兵に撃たれるぞ!」というような答えが返ってくるはずである。

つまり、向こう岸に近づくと、密入国とみなされ、国境警備兵に撃たれても仕方がないというわけである。では、河のどこまで泳ぐと、国境警備兵に撃たれるおそれが出てくるのだろうか。一般に、河川が国境の場合、船が航行できないところでは、河川の中央線が国境とされている。だから、河川の中央を越えれば、越境ということになる。また、船の航行のできる河川では、メインとなる航路の中央線で区分することになっている。この場合も、たいていは河川の中央線か、それに近いところだ。

ただし、河川の形が変化すると、主要航路がどちらか一方の国に組み込まれてしまうことがある。そんな場合、両国の話し合いがまとまれば、国境線が微妙に移動することもある。また、話し合いがまとまらなければ、チグリス・ユーフラテス川をめぐる国境問題が、戦争の一因になったイランとイラクのように、紛争が勃発することもある。

— posted by 斗間下 at 12:51 am