どこまでもあいまいな「アラブ諸国」の謎とは?

イランとイラクは、隣り合った国である。国名もよく似ている。ところが、イランはペルシア人の国だが、イラクはアラブ人の国。民族的には、まったくちがう。日本人のイメージでは、イランもイラクも「アラブ諸国」に含まれそうだが、じっさいには、イラクは含まれても、イランは含まれない。

では、その「アラブ諸国」は、どこからどこまでの国を指すかといえば、じつはその定義ははっきりしないのだ。たとえば、シリアのアラブ人は、肌の色が白いのに、エジプト南部やスーダンなどのアラブ人は肌が黒い。外見で、アラブ人を区別することはできない。また、1945年には、「アラブ連盟」という組織が創設された。アラブ国家の相互協力を目的としており、現在、サウジアラビア、クェート、カタール、アラブ首長国連邦、イラク、ヨルダン、エジプト、スーダンなどに、パレスチナ解放機構(PLO)も参加している。

その加盟国の人々を「アラブ人」と呼ぶこともできるが、ここでもあいまいさが残る。というのも、本来、アラビア語はコーランの言葉であり、イスラム教と切り離せない。つまり、アラビア人は、アラビア語を母国語にして、イスラム教徒である人々のことをいう。しかし、時代の変化とともに、アラビア語とイスラム教が切り離されて、アラビア語は話すがイスラム教徒ではなかったり、イスラム教徒だがアラビア語を生活語として使わない人たちもあらわれている。結局「アラブ」とは、民族的な概念ではなく、歴史や地理、政治、文化などの条件を考え合わせて、総合的に決められる概念といえそうだ。

「中東」って、どこからどこまでのこと?

国際ニュースでは、「中東和平交渉」や「中東戦争」という言葉がよく登場する。そのため、「中東」と聞くと、イスラエルやヨルダンといった国を思い浮かべる人は多いだろう。そこで、その二ヵ国以外で、中東に含まれる国は?と聞かれて、明確に答えられるだろうか。じつは、国際社会でも、どこからどこまでが中東なのか、はっきりしていないのが実情だ。

そもそも、「中東(ミドル・イースト)」という言葉が初めて使われたのは、1902年、アメリカの海事戦略家アルフレッドーマハンが、ロンドン発行の雑誌「ナショナル・レピュー」に掲載した論文だったといわれている。この論文の中で、マハンは、ロシアとイギリスの戦略的覇権を検証し、両国間の争いの舞台となったスエズからインドまでの広大な一帯を「中東」と呼んだ。その理由については、それまでヨーロッパ人が呼んできたアジア東部の「極東(ファー・イースト)」と「近東(ニア・アジア)」の中間に位置するため、「中東(ミドルイースト)」としたとされている。

しかし、マハンが、明確な線引きをしなかったため、その後、「中東」という言葉は、あいまいなまま使われることとなってしまった。日本の外務省では、中東と近東を合わせて「中近東」と呼んでいる。そのエリアは、東はアフガニスタンから西はモロッコ、北はトルコから南はスーダンまでの22ヵ国である。しかし、これも、ヨーロッパでいわれる「近東」「中東」の範囲が明確でないとして、戦後、日本が独自に作った地理的な概念。この中近東という言葉は、日本だけでしか使われていない。

— posted by 斗間下 at 01:04 am  

 

太平洋、大西洋、インド洋などに境界はあるのか?

「日本海」は、英語で「Japan Sea」と呼ばれ、欧米で作られる地図にもその名で載っている。これに対して、異議をとなえているのが韓国である。韓国では、その海を「東海」と呼んでおり、なぜ国際的に「日本海」と呼ばれるのかと抗議している。しかし、もっと大きな海洋の区切りでは、「日本海」も、「東海」も出番はなし。太平洋の一部ということになる。国と国の間に国境があるように、海と海の間にも境界線がある。その境界線を決めた「国際水路機関」の基準によると、太平洋とインド洋の境界は、以下の通りといっても、これを地名でたどるのは、よほどの地図マニアでなければ難しい。興味のある人は、地図を見ながら確認してほしい。

では、改めて、太平洋とインド洋の境界をたどると、まずミャンマー、タイ、マレーシアの西岸沿いに南下して、シンガポール南端まで。それから、マラッカ海峡を含み、スマトラ島西岸からジャワ島、スンパ島を通る。ロティ島からオーストラリア北西部のダーウィン近くにあるロンドンデリー岬に至り、オーストラリア西岸を南下。さらに、オーストラリアの南岸に回ってアデレードを通り、オトウェー岬からタスマニア島グリム岬へ。タスマニア島西岸を通り、最南端のサウス・イースト岬から南極に至る東経146度49分25秒の経度線となっている。

また、太平洋と大西洋の境界は、北アメリカ大陸から南アメリカ大陸の西岸を南下。最南端のホーン岬から南極大陸に至る西経67度16分の経度線である。したがって、国際基準では、日本海もオホーツク海も東シナ海なども、日本周辺の海はすべて、太平洋に含まれることになる。ちなみに、大西洋とインド洋の境界は、ノルウェーからフランス、スペイン、アフリカ大陸の西岸を南下。さらに、最南端のアガラス岬から南極大陸に至る東経20度の経度線となっている。

白夜の見れる南極圏と北極圏はどこから?

かつてヒットした「知床旅情」という歌がある。この中に「白夜は明ける」というフレーズがあり、かつて物議をかもしたことがあった。「白夜の季節はいつ?」「白夜は本当にあるの?」という問い合わせが、知床の関係機関に殺到したのである。白夜といえば、一日中太陽が沈まなかったり、夜の10~11時頃まで外が明るいという現象だが、もちろん北海道でそんな現象は起きない。結局「知床の白夜」騒動は、歌の中の自由な表現ということで収まったが、そもそも白夜が見られるのは、北海道よりもはるかに緯度の高い北極や南極に近い地域である。

その中でも、太陽が一日中沈まない地域が、それぞれ北極圏、南極圏と呼ばれている。緯度でいえば、66.5度より高緯度の地域である。緯度が高くなるほど、季節によって太陽の出ている時間が変わり、緯度が高くなるほど、その傾向は大きくなる。そして、一日中太陽が出ているような状態が、白夜である。66.5度より高緯度の地点では、太陽の沈まない日と、太陽の昇らない日ができるのだ。白夜というと、体験したことのない日本人には、「一晩中、外が明るければ眠れないのではないか?」と疑問に思う人もいるが、厚手のカーテンを閉めれば、室内は真っ暗になるので、その心配はない。

— posted by 斗間下 at 12:57 am  

 

隣り合った国なのに、国境線のないところとは?

日本の国内地図にない記号とは、何だろうか?答えは、国境線である。海に囲まれた日本には、国境線がない。ところが、陸続きで隣り合った国なのに国境線のないところがある。どんなところかわかるだろうか。それは、アフリカ南部のザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビアの四ヵ国が接する地点である。この四ヵ国は、お互いに国境線ではなく「点」で接しているのだ。

また、同じように東南アジアの「ゴールデントライアングル」にも、国境線のないところがある。ここは、かつてアヘンの栽培、密造で知られたところだが、タイ、ラオス、ミャンマーの三ヵ国が、やはり「国境点」で接している。ただしゴールデントライアングルの場合、川が国境となっているので、その「国境点」は国境となる川の中央部分となる。ちなみに、世界で国境線がもっとも長いのは、アメリカとカナダの間で、6,400キロもある。反対に、もっとも短いのは、ローマにあるバチカン市国とイタリアの間の4キロとなっている。

河が国境になるとき、どっちの岸が国境線になる?

世界には、河が国境となっているところは少なくない。そんな河で泳いでいると、「向こう岸には、絶対近づくな」と注意されることがある。そこで「どうして?」と聞き返すのは、国境線を持たない日本人ぐらいのものだろう。ためしに聞いてみれば、「国境警備兵に撃たれるぞ!」というような答えが返ってくるはずである。

つまり、向こう岸に近づくと、密入国とみなされ、国境警備兵に撃たれても仕方がないというわけである。では、河のどこまで泳ぐと、国境警備兵に撃たれるおそれが出てくるのだろうか。一般に、河川が国境の場合、船が航行できないところでは、河川の中央線が国境とされている。だから、河川の中央を越えれば、越境ということになる。また、船の航行のできる河川では、メインとなる航路の中央線で区分することになっている。この場合も、たいていは河川の中央線か、それに近いところだ。

ただし、河川の形が変化すると、主要航路がどちらか一方の国に組み込まれてしまうことがある。そんな場合、両国の話し合いがまとまれば、国境線が微妙に移動することもある。また、話し合いがまとまらなければ、チグリス・ユーフラテス川をめぐる国境問題が、戦争の一因になったイランとイラクのように、紛争が勃発することもある。

— posted by 斗間下 at 12:51 am  

 

なぜ、日付変更線は太平洋の真ん中にあるのか?

日本からアメリカへ向かう飛行機の中で、隣の乗客が窓から下をのぞくようにしながら、ブツブツつぶやいている。「どうかしましたか?」と声をかけると、「日付変更線を見ようと思いまして」と答えたという笑い話かある。確かに、日付変更線は太平洋の真ん中にあるが、念のために言っておくと、じっさいに太平洋上に線が引かれているわけではない。

ご存じのように、地球の経度の基準は、イギリスのグリニッジ天文台を通り、北極と南極を結んだ線。それを基準線として「0度」としている。すると、西回り、東回りに、それぞれ180度、ちょうど地球の反対側で12時間の時差ができる。その線を一日の終わりとして、日付変更線としたのである。それが、太平洋の真ん中にくることも好都合だった。小さな島々をのぞいて、人が住んでおらず、日付が変わっても不便な思いをする人が少なかった。

もっとも、この日付変更線は、北のアリューシャン列島(アメリカ)とカムチャッカ半島(ロシア)の間、南では、ニュージーランドの東方で、一部曲がっている。同じ国のなかで、日付が変わることを避けるため、曲げられているのである。ちなみに、太平洋上を飛ぶ飛行機によっては、機内で「ただいま日付変更線を通過しました」とアナウンスしてくれる。

宇宙から見える国境線がある?

「地球は、青かった」と言っだのは、人類初の宇宙飛行士ガガーリン。地球は、陸地と海の割合が3対7で、むしろ「水球」と呼ぶ方がふさわしいが、宇宙船が地球に接近するにしたがって、山脈や砂漠、大平原など、陸地の様子もよく見えるようになる。宇宙船から送られてくるそんな地上の映像を見ながら、「宇宙船から見る地球には、人類が勝手に引いた国境なんて存在しない」という人がいる。ところが、その画像をよく見ると、地球上には国境がはっきり見えるところもあるのだ。

たとえば、アメリカの南カリフォルニアとメキシコの間には、「国境線」がくっきりと存在している。というのは、アメリカ側には、灌漑(かんがい)された農地が広がり、季節によって青や茶色に見えるが、一方のメキシコ側には未開発の荒れ地が広がっている。その境目が、まるで国境に線を引いたように見えるのである。国による経済力や農業技術の違いが、地球に国境を浮かび上がらせている。

— posted by 斗間下 at 12:43 am